Journal of a guy who loves Excel

Not only about Excel, but also daily stuff to kill my boredom.

Before After

I haven't had tidy-up my aquarium for a long time so it became a terrible situation from water quality to algae blooms.







Finally I decided to clean it up then it's clean now.



A bare tank

It was beautiful, can I say this, it looked like a garden covered with moss. In fact, I don't hate moss but I know that it's not good for an aquarium.

To keep the water condition, I took measures for moss control such as being associated with an increased frequency of changing water, shorten the duration of lighting, but a successful outcome wasn't achieved. The other day, my wife suggested me that all the stuff attached moss in the aquarium should be replaced. My mind was made up by her suggestion then the main aquarium tank became like this. Generally, this kind of tank is called a bare tank. It looked like howling wilderness, so I put a driftwood in there.



Here comes the puffer the fast gun!

Donquihote

A story about a puffer like Donquihote.



My puffer often tries to eat a snail which is bigger than him.

Here we go again!

#1


#2


#3


#4


He has many failures but he sticks with his goal.

Return to #1

Mr.Pine is not long for this world

Since the day before yesterday, it seems that our lovely male guppy named Mr.Pine has been dying. His name comes from his species - Pine, his body color looks like a pineapple and he is attached to us very much.

His way of swimming seemed he lost sense of balance and sometimes wriggled distressfully. Basically he was a male fish of great vitality, every time he was going after females, but now he was attacked by baby fish. His long fin might attract the interest of babies.
It looked very painful so me and my wife decided to move him to other tank for his safety.

Now, there is no male individual in the main tank. For some reason, the male individuals in the main aquarium tank are dead after another. When we noticed, they were food for shrimps and disappeared completely. As good luck would have it, we could notice his abnormally appearance this time. In fact, my wife noticed that then she said "Something weird is going on." After we moved him to other treatment tank, to recover his condition, pour in some salt in there. According to the specialist of guppies, salt works in this case. So we tried as they says. At the moment, he still lives but it just manages to keep alive. We hope it makes a difference.


仕事人アベちゃん

我が家にアベちゃんが来てから、ちょうど一週間がたちました。
アベちゃんと言っても、「阿部ちゃん」の愛称で知られる俳優の阿部寛さんでもないですし、もちろん阿部 定でもございません。

アベちゃんの本名は「アベニーパファー」といって、体長2センチほどの小型の淡水フグです。
大きさは指先ほどしかありません。とってもちっぽけな愛嬌のあるフグなんです。

私は水槽をパソコンデスクの上に置いているので、家でパソコンを使って仕事をしているときは、ずっと眺めていることができます。(ずっと眺めてると、仕事になっていないのでは?という突っ込みはしないでねw)

キーボードの5センチ向こうは水の中。という状態です。

(↓こんな感じ)



そうすると水景が見えてとっても癒されるのですが、意図して見たくないものも見えてきたりします。
それは・・・スネイル。

「スネイル」とは一般的にはかたつむりなどのことをさすのですが、アクアリウムの世界では水槽内の「貝」を指す言葉だそうです。しかも意図せずに水草に付いて混入したり、爆殖してしまったりした貝類のことをスネイルと呼ぶことが多いようです。

我が家の水槽にもこのスネイルが発生しました。
おそらく水草についてきたと思われるのですが、最初は数も少ないので全然気にもなりませんでした。
しかし、彼らの繁殖力を甘く見ていました。最初は10匹程度だったものが、次に気づくと20匹、そして40匹、80匹と・・・倍々計算で増えてゆくのです。

いつしか水槽のガラス面にはスネイルがびっしり・・・。ちょっと気持ち悪い状態になってしまいました。そこで気づくたびにピンセットでつまみだしたりしていたのですが、彼らの繁殖力には勝てません。一週間もするとまた元通りのウジャウジャ状態に逆戻りです。

なやみました・・・。

一からやり直そうか。

でもそれには土も変えなくてはいけませんし、折角根付いてきた水草もレイアウトし直さなくてはなりません。それはやっぱり気が引けます。

そこでスネイルを駆除してくれる生き物はいないか?と探していた結果、見つけたのがアベちゃんことアベニーパファーという淡水フグだったんです。

普通、フグというと海水もしくは汽水(塩分の薄い海水)でしか生息しないのですが、アベちゃんは完全な淡水で生息可能。ということは水草の豊富なグッピー水槽でも飼えちゃうんです。そして、スネイルが大好物ときたもんだ。これはもうお越しいただくしかありません(笑)

外見もほんわかしていて可愛らしいですし、調べてみると性質も人なつっこくて、好奇心が旺盛らしいです。

ということで、2匹のアベちゃんをグッピー水槽に投入。
最初は環境が変わったためか、水草の後ろに隠れてて全然出てきませんでした。
2〜3日たっても全然出てきません。

「居なくなったのか??」と思い、顔を近づけて水草の合間を凝視してみると・・・

・・・居ました。
ふわふわと水草の間を泳いでいます♪
まるで物陰から覗き見るようにこちらを見ています。
彼らは目がきょろきょろと動くので、流し眼のような目つきでこっちを見ているときがあります。
そして目があった瞬間、また水草の影に隠れて姿を消します。

「・・・全然人懐っこくないじゃん。」
そう思いました。

そんな超人見知りのウチのアベちゃんの貴重な激写がこちらです(笑)



カワイイですね♪

やがて一週間が経過し、水槽の中の変化に気付きました。

あれほどびっしりと生息していたスネイルが驚くほど減っているのです。
もう気にならないレベルまで来ていました。



きっと私がいない時にだけ水草の影から出てきて、きっちりと仕事をしてくれてたんですね!
ありがとう、アベちゃん。

アベちゃんは小さいですが、口には歯がありますので、グッピーと混泳をさせると尻尾を齧る事があると
書いてある記事も見つけたので、仕事の後は別水槽で待機して頂くことにしました。

また来るべき、仕事を依頼する日の為に!!

お買いもの

さて、ようやく「ここ」へ行って来ました。



そうです、IKEAです。
神戸にできた時から行ってみたかったのですが、あまりにも人が多いようなので二の足を踏んでいました。

そろそろ家具を買い替えたいという妻の希望で、重い腰を上げることに(笑)

目指したのはポートアイランド店。ポートアイランド(通称ポーアイ)へは三宮駅からゆりかもめのようなポートライナーで行けるのですが、今回は家具を持ち帰りたかったので混雑覚悟で車で行きました。

しかし、大阪にもIKEAができた影響か、思ったほど混んではおらず、スムーズにたどり着けました。午前中に出かけたのがよかったのかもしれません。

さて、駐車場に車を泊め店内を歩き回ったのですが、広いこと広いこと・・・。
歩くだけでもかなり疲れました。そして商品点数もかなり多いですし、センスの良いものが揃っているのでかなり迷います。

そこで、家具は検討してから出直すことにして、私が欲しかった小物のみを買ってきました。

今回買ったのはこの商品(笑)




まずはDROPPAR。これはキッチン関係のところで見つけました。
簡易密閉できるスパイス入れです。




そして使い道はこのとおり。
はい、お魚のエサ入れです。ちょっと高級に見えるでしょ?




ちなみにエサは2種類あって高級な白っぽい方は「メディ グッピー」というエサです。
これには人間の健康食品にも入っているラクトフェリンなども配合されています。

そしてこれらは水槽用の照明に買いました。




GRUNDTALというシリーズでコンパクトですごくかわいいです。MONTERAという配線をきれいにまとめれるセット。かなり優れものでした。棚に取り付ければちょっとショップのようになるかなぁ〜と思ってやってみました。




この下の段も同じように取り付けて・・・
(水槽もちょっと大きなのを新調しました。)




こんな感じの「水槽マンション」になりました〜!!
これで稚魚が生まれても安心、安心♪です。


またまた稚魚産仔

先日仲間入りしたプラチナロシアンパープルのカップルなんですが24日に稚魚を3匹産仔しました。

まさか、もう産むとは思っていなかったのでびっくりでした。計算からしても早すぎるので、おそらくお父さんは別のオスです。この写真のオスの子供が産まれるのはもう少し先になりそうですね。

なかなか元気なカップルで、じっとしていないので写真を撮るのが難しかったです。
でも正面ショットも撮らせてくれました(笑)


このカップルたちは60センチ水槽を3つにセパレートしたコンドミニアムのようなところに住んでいます。ちなみに左端のお部屋が彼らのプライベートルームです。



3つの仕切りは、穴のあいたパンチングアクリル板なんですが、水槽内の水流も弱くなってしまい、水がよどむ部分が出てきましたので、各部屋に小さな濾過器を導入しました。ロカボーイ ミニというコンパクトなタイプです。おかげで酸素供給も水の浄化も促進!元気さに拍車がかかりました。

さてさて、稚魚たちの水槽はこのコンドミニアムの上にある30センチ水槽なのですが、ろ過システムがありませんでした。そこで今回稚魚たちのために購入してみたのが、Power Houseというメーカーのスモールフィルター(ハードタイプ)というタイプです。水槽の水の中にちゃぷんと置いて設置するので、ロカボーイと同じく「投げ込み式」と言われるものになります。

気に入ったのは陶器製でオシャレな造りなのと、PHをコントロールして飼育水をアルカリ性に保ってくれることです。これはグッピーにとっては凄く住みやすい環境になります。

ろ材を中に入れて、パイナップルの缶詰のようなスポンジで蓋をしてセッティングすると、ろ材にバクテリアが住み着いてくれて水の中の不要物を食べてくれます。スポンジで小さなゴミを取り除いてくれます。バクテリアが住み着くと茶色っぽい色になるので、透明なプラスチックのロカボーイだと、少し汚いのが目立ってしまうと思うのですが、その点、このスモールフィルタは中が見えませんから見た目はずっと綺麗です。機能面ももちろんのこと、デザインがもの凄く気に入りました♪ 雑貨好きの人ならわかっていただけるかと思います(笑)

そして・・・温度が上がると暑いので、スポットファンも装備しました。
コトブキ スポットファン102ってタイプです。
このスポットファン、結構効果があって4度ぐらい温度を下げてくれます。
色が白なのもコーディネートしやすくっていいですね。
(電気コードも白だったら満点ですが、残念ながら黒でした。)

その奥に見えているのは世界最小クラスのエアーポンプです。スモール フィルターにエアーを送り込むために使っています。
ノンノイズという商品名なのですが、その名の通り音がほとんどしません。
コンパクトですしとっても良い商品だと思います。



とここまでの写真を撮っていると妻がやってきて、「稚魚たちの写真撮らせて〜」と言ってきたので
お言葉に甘えてお願いすることに。妻の方が上手いですからw

飼育水がまだ出来上がっていないので透明感がなくピント合わせが難しいのですが、
こんなベストショットを撮影してくれました。
なんと、リクエストもしてないのに「正面写真付」でした(笑)

正面写真の背景に写っている青い文字が、今回買ったスモールフフィルタの文字です。
稚魚の小ささがわかりますね。



大きく元気に育ってほしいものです。

プラチナロシアンパープル

妻の希望で新しいグッピー仲間が加わりました。その名も「プラチナロシアンパープル」。
初の国産ブリードです。今までのグッピーズは輸入ものでした、いわば外国魚チーム。
なので正直言って、種類もはっきりしないんですが一旦水槽に入ったからには我が家の子。
みんなかわいくていい子です(笑)

今回仲間入りしたプラチナロシアンパープルは、この種類での繁殖をしてみたいなぁと思い
水槽を新しく用意しました。後ほどご紹介します。

さて仲間入り前に水質の検査です。ちょっとお洒落めなアクアリウムグッズを扱ってる
aquamind laboratory」さんで購入した亜硝酸検査キットを使ってみました。



亜硝酸っていうのは、簡単に言うと猛毒なんです。エサの食べ残しやフンが原因で亜硝酸がでてくるのですが、それを分解して無毒にしちゃうバクテリアが住み着いていれば検出されなくなるんです。そういう訳で、早速計測してみました。




試験官に水槽内の水を入れ、試薬を順番に入れてよく混ぜると、色がついて亜硝酸の濃度を判定してくれます。今回の結果はセーフティレベル。これで安心して迎え入れることができます。

水あわせを済ませ、早速新しい住処に入っていただきました。
嬉しいのか、動きが速すぎて撮影できませんでした(笑)




メインの水槽に入れると他のグッピーとの混血の子ができちゃう可能性が高いので
先ほど書いたとおり、新しい水槽が今回のプラチナロシアンパープルのカップルのおうちになります。

こちらが新しい水槽。ちょうど私の机の背中側の棚に設置してあります。
(水槽に挟まれてパソコンしてますw)

この水槽、60センチ水槽をパンチングのアクリルで3分割できるのでとっても便利なんです。
まるで屋根や壁は共同使用の「長屋」みたいですね♪ 
右端にはしずちゃんとキリーが住んでます。




外部濾過装置(ちょっと暗くて見えにくいですが)とクーラー完備です!
今年の夏も暑いので、かわいそうなことにならないように予防処置です。




さて、メインの水草水槽ですが、今は妻のレイアウトでこんな感じになっています。
まだ前景のキューバパールが生えそろってないので、ちょっとだけさみしい感じがしますが、
私が単独でやっていた時よりもかなり賑やかになりました。
(エビちゃんが水草を抜いちゃうので、ステンレス網でガード中w)




こんな流木のトンネルなんかも作ってもらって、魚たちも喜んでくぐりぬけて遊んでいます。




もちろんこちらの水槽もクールボックス完備で暑さ対策済です。
家のワークスペースなのか、アクアリウムスペースなのかわからなくなってきました(笑)
パソコンがおまけのように見えます、でも楽しいです♪

極悪コンビ・・・収監

さぁて、水槽の近況報告です。
水槽はグッピーの出産も相次ぎ、かなり賑やかになってきました。

私が風邪で寝込んでいたこともあって、妻がいろいろと水槽のお世話をしてくれました。
実はこの一週間でレイアウトチェンジも行ったんです。

私のレイアウトは「センスがない」ということで、なんと妻が植え植えしました(笑)

「難しいんだよ〜」「初めてなのに出来るわけないよ・・・」などと言っていたのですが
出来あがってみると、なかなかどうして・・・

私のものよりも数段素敵です。まいりました〜 m(__)m

レイアウト写真の公開は次回の記事で行わせていただきます〜♪

さて、そんなわけで、最初はアクアリウムに全く興味のなかった妻ですが、
最近はよくお世話をしてくれます。

私が仕事中の時は水槽を観察しててくれて、メールで連絡をくれます。

「温度が上がってるよ、暑そうだよ〜」とか「CO2のホースが外れてるよ」とか。

自分が近くで見て居れない状況なので、すごく助かります。
暑さ対策にはとうとう水槽用のクーラーも購入しちゃいました。

とこんな具合で夫婦でお魚に癒されておりました・・・・。

そんなある日の事です。妻から緊急メールが来ました。

キリーのメスだけど、グッピーの稚魚を食べようとしてるの。
朝見たら、産まれた稚魚が10匹ぐらい居たんだけど・・さっき5匹しか確認できない。
追い回されて隠れたんならいいけど・・・
それと少し大きくなったグッピーも追い回してる。

えびや稚魚の味に執着してるよ・・
しずちゃんも稚魚食べちゃうから隔離したところなのに・・・
しずちゃんと一緒に隔離しよっか?


なんと衝撃的な内容でした。結構身体の小さいキリーフィッシュのメスなんですが、
ブラインシュリンプという甲殻類を孵化させて餌として与えてたので、稚魚もどうやら
餌だと思っているようなんです。口に入れるには稚魚は大きいはずなんだけど・・・
食べちゃうようなのです。

そして、身体の大きなグッピーのメスのしずちゃん。
彼女は大食漢でした。以前、エビが弱ってるときにエビを襲って・・・
食べちゃったんです。そして仲間のグッピーも追いかけて弱りはじめると・・・
尻尾をかじったり、お腹に噛みついたりして食べようとするのです。
そして稚魚もしかり・・・。すべてを「餌」としてしか見てません。
グッピーの雄たちも最近は怖がって近づかなかったのです。

そこで先日、かわいそうですが、隔離しました。
妻からこの緊急メールが来たのはその矢先の事でした。

これが独房に収監されたグッピーのしずちゃんとキリーです。




二人は食べあう事もなく、何となく仲良く泳いでいます。
・・・こうするしかないよね。

さて、このWANTEDのポスター、次のサイトで簡単に作れるんですよ〜。
面白いので皆さんもジョークで作ってみてくださいね。

アクアリウム その4

グッピーズも産まれてから既に一週間。
小さな水槽も手狭になってきて、もうそろそろ大人のグッピーズの口に入らない(食べられない)大きさになってきたので元の水槽へ引っ越すことになりました。

やっぱり広い所は気持ちよさそうですね〜。
体もだいぶ大きくなって、ちょっと成長してきたのがわかります♪



すいすい泳いでるなぁと思い、カメラを向けると・・・


でましたぁ!!恒例の「振り向きショット」です。


しかも、リクエストに応えるかのように、もう一段階です!!
これは完全な「真正面」ですね。
しかも「どおだぁ〜!」という声が聞こえてきそうなぐらいに
目を思いきり見開いています(笑)


と、おチビチャンたちの様子はこのぐらいにして、他のグッピーも紹介しましょう。

これはそろそろ出産の近いお母さんグッピー。
お腹が大きくなってきてますね〜。


この二匹はイケメン雄コンビ。
カッコいいんです。



最後に、金魚のように大きいのですが金魚ではありません。
実は妊娠していないのに、妊娠してるメスよりも大きいんです。

大きすぎるからなのか・・・オスにも相手にされてません。
それが悔しいのか、いつもひたすら餌を食べてます。


彼女の名前は「しずちゃん」と言います。

いつも夫婦で「しずちゃん・・・カップルになれるといいのにね・・・」と
祈っております(笑)

 | HOME |  »

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



recent comments




recent entries




categories




links




search




DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

profile

Colo

Author:Colo

Masaru aka Colo- one of an ex-Microsoft MVP for Excel

WEB SITE



I'm Masaru from Kobe, Japan. I'm a computer system administrator for an equipment manufacturer. My line is operation AS400 server and Windows2008 server. I sometimes write VBA code for the company.

From 2004 to 2009, I had been nominated as a Microsoft Excel MVP, but now days, I have no opportunities using with excel in my daily life, so I decided to quit being an MVP. But I still love to use Excel.

1 Click Animalsへ!
Have a look at this article pls.

Our book
Our book

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article


archive


rss feeds