Journal of a guy who loves Excel

Not only about Excel, but also daily stuff to kill my boredom.

Coffee, Tea or Me?

自宅近くの駅からちょいと山側へ足を向けると、人が二人すれ違うのがやっとの細い路地にお豆腐やさんがあります。通勤帰りにちょっと寄り道できる距離。その前に少し油断すると見落としそうな雨を避けられる場所にひっそりと小さな本棚が置いてあって、本棚の側面にはわら半紙に手書きでこんな文字が書いてあるんです。

「読み終った本をみんなで交換しましょう。どなたでも自由にご利用下さい。」

味があってとってもいい。賛同者も結構多いようで荒らされることもなく、このシステムは長年続いているようです。結構細い路地ですが、住宅地につながるメインロードとなっているため時間帯によっては結構な人通りがあるんです・・・つまり、いろんな種類の本が置かれてます。

Coffee, Tea or Me?</何か読みたいんだけど、何を読もうかな?と悩んだときはこの中から無造作に手にとって読み始めてみるのも一興。神戸という土地柄、外国人の方も多く、英語の本も置いてあるのが目にとまりました。そんな中で私の興味を引いたのが

Coffee, Tea or Me?

という文庫本でした。普段なら読まないような感じのストーリっぽかったのですが、「なんとなく」読んでみることにしました。

書かれたのはもう何十年も前のようで、ちょっとノスタルジックな雰囲気を感じました。今では「キャビンアテンダントもしくはフライト・アテンダント」と呼ばれている職業も、もともとの呼び名のまま「スチュワーデス」と書かれています。それにしても「Coffee, Tea or Me?」(コーヒー、紅茶、それとも私?)とは思わせぶりなタイトルですね。体験談をもとに書かれた物語のようですが結構スキャンダラスな内容も書かれてました。

現在であれば女性団体からのクレームでおそらく出版されないのではないかな?という印象を受けました。

Pillowig

なんか、今日はとても眠いです。そんな眠い頭でネットサーフィンしてて目に入ってきたのがこれ!Pillowigという「身に着けられる枕」。なんでもこれがあれば地下鉄や飛行機、図書館そして教室でも快適に眠ることができるらしいです(どうやらテスト済みのようですw)

限定版で制作された50個のうち47個がエキシビジョン会場で売れたようですね・・・。ちょっと仕事場に欲しいかもです(笑)

"Pillowig" is hand made wearable pillow comforting trieness of people in daily lives, enabling users to sleep comfortably whenever and whenever they’d like. When user test is done in public spaces - subway, airplane, library, class room and laundromat, viewers commented: “I would like to have it for my trip.”, “Very funny.” “This is practical, but a laugh, too." I made 50 limited editions and sold 47 pieces at the exhibition of the work and gained “Pillowig” fans.




マイお箸

mikaさんのブログ「日本人的アメリカ生活(・・?」の記事「マイ・スプーン、フォーク、ナイフ」を読んで割りばしの危険性について考えさせられました。実は割りばしの危険性なんてものは、今までにこれっぽっちも考えたことはありませんでした。一時期、安い食器を使うとうわぐすりに有毒な薬品が使われているなんて事を聞いて、神経質になっていた割には、直接口に入る「箸」に関してはまったく眼中にありませんでした。

割りばしは、外食したときには必ずと言っていいほど出てきます。今や洋食のお料理屋さんでもお箸で気軽に!というコンセプトのお店も多いので、洋食の割合が増えてきていますが、日本国内において割りばしを使う機会は少なくはなっていないと思います。

ところで、mikaさんがご紹介してくれている「マイ・スプーン、フォーク、ナイフ」ですが、ボールペンの先にキャップとしてはめて使うんですね。これを見て昔のことを思い出しましたw

時はさかのぼり、18年前w 深夜のアルバイトをしていたティーンズのころ。おなかが空いたのでバイト仲間がコンビニへ買い出しに行ってくれました。そのころは焼きそばUFOが流行っていたので、私以外の他の2名もUFOを買ってお湯を入れていました。3分が立ち、お湯を切り、さあ食べよう!とした時に初めて気づいたんです・・・箸が、箸がない!! コンビニまでは10分ほどかかる場所だったので、往復20分もかけると焼きそばが覚めてしまいます。
そこで、バイト先にあるもので代用しよう!ということで様々なものが候補にあがりました。

「ストロー」これはふにゃっと折れて役に立ちませんでした。
「爪楊枝」これは・・・手づかみの方がいい!って思うくらいストレスが止まりました。

で、最終的によかったのが「ボールペン」。奇麗に洗ってからボールペンで焼きそばを食べたのです。・・・とこんな思い出が記憶からよみがえってきました。

なので「マイ・スプーン、フォーク、ナイフ」は、私にとってはなんだか懐かしい香りがするアイディア商品です。

ラスト・ウィズダム

記事のタイトル:ラスト・ウィズダム
記事のカテゴリ:映画
主演:Colo

と書きたいところですが、映画のタイトルではありません。
このタイトル、途中で終わってまして、正確には「ラスト・ウィズダム・ティース」つまり・・・最後の親知らずを抜いてきたんです。
おかげさまで、晩ご飯なども食べる気にはなれません。

今回は口腔外科ではなく、歯科で先生に抜いてもらえました。まっすぐ生えてはいたのですがなかなか抜けず、難儀しました。通常は歯の先に向けて細くなっていくものらしいのですが、私の最後の親知らずは、途中の部分が逆に太くなっていてそこが引っ掛かってなかなか抜けなかったようです。

サブタイトルにすると「親知らず、最後の逆襲!」という感じですかね?

ということで、今日は早めに休むことにします。
お休みなさいませ。w

パーフェクトライフ

シンガポールの友人からジョーク画像がメールで届いた。メールのタイトルは「perfect life」。

あとはこの添付画像がついていただけなんですが、なるほど、スパイスがきいたジョークメールです。題名の「パーフェクトライフ」から推測できるとおり、このリモコンのボタンの機能があれば完璧な人生が送れるというもの。

上のGIVE MEの部分から見てゆくと
「ビール」「セックス」「食糧」と並んでいますね。ここに人間の三大欲求のうちの二つが入っていますが、「睡眠」の代わりにビールを入れたのはこれを考えた人はよっぽどのお酒好きなんでしょうね? 私だったら[BEER]の代わりに[COKE]を入れたいところです(笑)

次の行を見てみると(エクセル風)、「マッサージ」、「願うのを止める」、「睡眠」が並んでいます。なるほど、ここに睡眠を持ってきたんですね。この順にボタンを押してゆけば快適に睡眠に入って行けそうです。

さて次は「NOという」「YESという」が左右に並んでますね。これをはっきり言えないのは日本人ぐらいかと思ってました(笑)。そして真ん中に「服を脱ぐ」ボタンがありますが、個人的には脱ぐよりも着る方のボタンが欲しいです。

下に行って、「買い物」「掃除」「帰る」と並んでいます。きっとこのリモコンを開発した人は主婦ですね!

もひとつ下にいって「パーソナルメッセージのオフ」、「STOP NAGGING = うるさく言うのはやめさせる」と続いてきます。いろいろ口出しされる環境にいらっしゃるようですね。なんか予期していなかったのですが、段々とこのリモコンを作った人の人間像を暴いてゆくような内容になってきました。

ようやく最後です!プラス、マイナスで調整できるようになっているのはBOOBS = バストサイズです。そんなに頻繁に調整したいものなのでしょうか?私なら「体重」調整機能を代わりにつけます!(笑)

忘れてました。一番上のボタン二つ・・・。

[MUTE]は自分を黙らせるだけのボタンだと思うので、まだいいと思いますが[OFF]があるのは凄く怖いですね。しかも[ON]ボタンが無いっていうのがリアルで怖さを引き立てました。

まあ、簡単にはコントロールできない人生をコントロールしてゆくのも、人生の醍醐味の一つなので、私はこんなリモコンは実際には要りませんが、ジョークとしてはウィットがきいた面白い部類ですね。

皆さんはここについている以外でどんなボタンが欲しいですか??

今週のiPodシャッフル-その10

Krystal Meyers(クリスタル・マイヤーズ)/ Dying For A Heart

はい、今週のシャッフルは彼女のセカンド・アルバム『ダイイング・フォー・ア・ハート』でした。



見た目通りの元気なガールズ・ロックです。アヴリルが好きな方はどうぞ♪と簡単に書こうと思ったんですが、アヴリルほどクール・クールはしていません。元気いっぱいのポップ寄りのロックで、元気がない時元気にしてくれるそんな曲がいっぱいです。作詞・作曲も自分で手掛けてるっていうから、凄いマルチタレントですね。

iTunesでの試聴はこちら!

ハーゲンダッツ 黒糖黒みつ

ハーゲンダッツの「黒糖黒みつ」

最近のお気に入りです!! 冬なのに・・結構食べてます、このアイス。

上品な「和」の甘さが「洋」のアイスとマッチしてもうタマリマセンw





「黒みつソースで引き立つ黒糖の豊かなおいしさ」

という言葉に嘘はありませんね!

ブス犬オリンピック?

Pecadillo氏のブログ記事「Ugly Dog Olympics:ブス犬オリンピック」から

「別に醜くなんてないじゃん!」

という犬の写真を抜粋してみました。 元記事はこちら

確かに醜い犬もいますが、飼い主の責任だと思われるものもありますよ・・・。

  

 

ジャズ牛丼

さっき妻を送った帰りに小腹がすいたので、神戸駅北側の吉野家に立ち寄ってみました。入口の扉をくぐると・・・なんだか小奇麗です、しかもBGMはジャズなど流れていますし、店内の作りが普通の店舗と比べてちょっとシックな雰囲気。そしてゆったりとした店内になっていました。

でもメニューは普通のお店と同じのようです。そして、ちょっとお洒落っぽいのが悪い方向へ影響してか、お客さんの入りがいま一つ良くありません。一言で言うとガラガラです。

少し時間は遡って初めて吉野家に入ったのは小学校の3年生ぐらいの時でした。当時人気だったキン肉マンで吉野家を知ってから行ってみたくて、行ってみたくて・・・ねだって連れて行ってもらった記憶があります。

やっぱりこういうお店は、ジャズよりも少し雑多な雰囲気が似合うと思いますし、清潔にさえしていれば最近は女性でも入りやすい雰囲気になっていると思います。

ちなみに・・・私は牛丼よりも豚丼が好きです(笑)

みなさんは行ったことありますか?

NOMOを追いかけて

佐藤 正己さんの著書です。かなり前に友人から紹介していただいて、すぐに読んだのですがレビューを書くのを忘れてました。先ほどふとしたことから思い出したのでレビューを書いておきます。

そのふとしたこととは・・・
私はスポーツ関連の会社に勤務しているんですが、その関係でスポーツ施設や関連企業へ「同僚」がよく出入りします。私はずっと会社にいるだけなので出入りはしません。さっき、同じフロアの同僚がこんな事を話してたのが耳に入ったんです。

「今日、イチロー選手と会ったよ!」
「どこで??」
「えっと○○○へ挨拶に来てて、そこで同じフロアにたまたまいたんだけど、むっちゃかっこよくて、思ったよりほっそりしてた」

・・・と話は続くんですがプライバシーの関係で伏せ字ばかりになりそうなのでやめておきます。

イチロー選手といえばメジャーリーガー。野球にそんなに詳しくない私ですが、メジャーリーガーと聞いて思い浮かぶのは、一昔まえまでは野茂投手でした。





NOMOを追いかけて」という佐藤正巳さんの本は私の友人(著者のお兄さんと知り合いだそうです)から「私が体調を崩していた時にあっという間に読み終えて元気がもらえた本でした」と薦めていただいたので読んでみようという気になった本なんです。
内容(「BOOK」データベースより)
メジャーデビュー、マイナーでの苦悩、そしてノーヒットノーラン…NOMOを追いつづけた男のアメリカひとり旅を綴る。これぞ究極!メジャーの愉しみ方だ。

この本は著者の佐藤正巳さんという方が、野茂投手の大ファンで、それだけの理由で野茂投手をずっと追いかけてアメリカにまで行ってしまう!そして追っかけをするってお話なんです。野球にあまり興味のない私でも、「人間ってここまで一人の人に夢中になれる、そして人間としてほれ込むことができるんだ!」ということを教えてもらえた本でした。

 | HOME |  »

calendar

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



recent comments




recent entries




categories




links




search




お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

profile

Colo

Author:Colo

Masaru aka Colo- one of an ex-Microsoft MVP for Excel

WEB SITE



I'm Masaru from Kobe, Japan. I'm a computer system administrator for an equipment manufacturer. My line is operation AS400 server and Windows2008 server. I sometimes write VBA code for the company.

From 2004 to 2009, I had been nominated as a Microsoft Excel MVP, but now days, I have no opportunities using with excel in my daily life, so I decided to quit being an MVP. But I still love to use Excel.

1 Click Animalsへ!
Have a look at this article pls.

Our book
Our book

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article


archive


rss feeds