Journal of a guy who loves Excel

Not only about Excel, but also daily stuff to kill my boredom.

Tech ED 2008 in Yokohama

というわけで、やってきました横浜。



Tech ED 2008 in Yokohamaというカンファレンスに参加しています。
http://www.microsoft.com/japan/teched/2008/default.mspx

昨日は雨が降ってましたが、雨の横浜もいいですね。
ホテルの部屋から見えるみなとみらいの夜景がとっても奇麗でした。

桜木町に泊まっています。いつも思うのですが、港町だけあって神戸とそっくりです。
遠方にいる気がせずにとっても落ち着く街です。

お買いもの

さて、ようやく「ここ」へ行って来ました。



そうです、IKEAです。
神戸にできた時から行ってみたかったのですが、あまりにも人が多いようなので二の足を踏んでいました。

そろそろ家具を買い替えたいという妻の希望で、重い腰を上げることに(笑)

目指したのはポートアイランド店。ポートアイランド(通称ポーアイ)へは三宮駅からゆりかもめのようなポートライナーで行けるのですが、今回は家具を持ち帰りたかったので混雑覚悟で車で行きました。

しかし、大阪にもIKEAができた影響か、思ったほど混んではおらず、スムーズにたどり着けました。午前中に出かけたのがよかったのかもしれません。

さて、駐車場に車を泊め店内を歩き回ったのですが、広いこと広いこと・・・。
歩くだけでもかなり疲れました。そして商品点数もかなり多いですし、センスの良いものが揃っているのでかなり迷います。

そこで、家具は検討してから出直すことにして、私が欲しかった小物のみを買ってきました。

今回買ったのはこの商品(笑)




まずはDROPPAR。これはキッチン関係のところで見つけました。
簡易密閉できるスパイス入れです。




そして使い道はこのとおり。
はい、お魚のエサ入れです。ちょっと高級に見えるでしょ?




ちなみにエサは2種類あって高級な白っぽい方は「メディ グッピー」というエサです。
これには人間の健康食品にも入っているラクトフェリンなども配合されています。

そしてこれらは水槽用の照明に買いました。




GRUNDTALというシリーズでコンパクトですごくかわいいです。MONTERAという配線をきれいにまとめれるセット。かなり優れものでした。棚に取り付ければちょっとショップのようになるかなぁ〜と思ってやってみました。




この下の段も同じように取り付けて・・・
(水槽もちょっと大きなのを新調しました。)




こんな感じの「水槽マンション」になりました〜!!
これで稚魚が生まれても安心、安心♪です。


メディアの信頼性

今朝ロイター[REUTERS]の記事を何気なく見てたんですが、
ん??これは変でしょう!という内容がありました。




ニュースをそのまま引用させて頂くとこのとおり。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33213320080812


北極の肉食動物の王座争い、サメがシロクマを食べる
2008年 08月 12日 18:29 JST
[オスロ 11日 ロイター] 氷が既に溶け始めている北極周辺では、シロクマの肉食動物の王座の地位はサメに奪われるかもしれない。

北極海のサメがどれだけ遠くまでアザラシを追いかけるかを6月に調査していた科学者らは、北極海を好むグリーンランドシャークの腹の中に若いシロクマのあごを発見した。

しかし、取材したサメの専門家の多くは、このシロクマはサメに食べられる前に死んでいた可能性が高いと指摘。若い2─3才のシロクマでも、体長7メートルに成長するものもおり、グリーンランドシャークにとって凶暴な敵であることは間違いない。


すぅ〜っと読み流しそうになってしまいましたが、なんか変だと思ったのが最後の部分。

「若い2─3才のシロクマでも、体長7メートルに成長するものもおり」
えっ??、体長7メートルの若いシロクマ???
地上最大の動物と言われているアフリカゾウでも体長600-750cm。
それなのに若いシロクマの体長がそれと同じレベルでは決してないでしょう。
サメの体長とシロクマを取り違えた単純ミスだと思いますが、
知識のない人は信じてしまいます。

知識のない人は信じてしまいますと言えば、毎日新聞が海外向けに日本の文化を英語で発信していた「毎日デイリーニューズ」のコラム「WaiWai」。(抗議が多く6/21に閉鎖されました。)

これは話題にもなっていたのでご存じの方も多いと思うんですが、もうあいた口がふさがりません。
こんな見出しのニュースが日本を紹介するコラムとして紹介されてたなんて絶句です。
リンク先をご覧ください。初めてのかたはきっと驚かれることと思います。

毎日新聞問題の情報集積wiki


毎日新聞はタブロイド紙でもない、国内大手の「新聞社」なのですから、知らない海外の人が読むと信じてしまう人も多いかと思います。
信頼できる情報を発信する立場にあるメディアは、もう少し信頼性を高める為に、チェック体制を強化するなどの努力をすべきなのではないかと思いました。
と思ったままをつれづれと書かせていただきましたが、皆さんどう思われますか?

追加:面白そうだったのでこんな写真も作ってみました。


家畜人ヤプー




最近、図書館のおかげで、今までであれば手にも取らなかったであろう書籍との出会いが多いです。これは簡単に使える便利な予約システムのおかげ。ネットで興味のある書籍を見かけたらとりあえず予約。すぐには借りれなくとも、「空き」状態になれば携帯にお知らせメールが届きます。

この家畜人ヤプーもそんな作品のうちの一冊。奇妙なSF文学作品ということでレビューされていたのがきっかけでした。そして文学界では知名度の高い作品であり、あの三島由紀夫さんが極度に惚れ込んだとも書かれていたので、これは一読の価値ありか?と思いポチッ♪と予約しておきました。

全部で600頁超もあり、数巻に分かれてるのでとりあえず最初の一冊だけ読んでみようという軽い気持ちで読み始めました。SF作品なのですが、SFに加えてSMのような性的描写も多大に含む作品で正直言って殆ど興味のない分野だったのですが、あまりに強烈な作品の為、途中でやめることができず読破してしまいました。

かなりショックも受けましたが、それ以上にストーリーが面白いんです。
いや、作者の想像力に脱帽したというか、どうやったらこんな想像ができるのか?という好奇心を止められなかったというのが本心です。

作品自体はかなり古い作品で1956年から『奇譚クラブ』という雑誌に連載されていたらしいのですが、全然古さを感じません。

ここでちょっとだけストーリーの紹介を・・・。

ストーリー(ウィキペディア(Wikipedia)より)
婚約したカップルである日本人青年留学生麟一郎とドイツ人女性クララは、ドイツの山中で未来帝国EHS人ポーリーンが乗った未来世界の円盤の墜落事故に巻き込まれる。それがきっかけでクララと麟一郎は未来世界へ招待されることとなる。

未来帝国EHS(イース = 百太陽帝国、またの名を大英宇宙帝国)は、白色人種の「人間」と隷属する黒色人種の半人間「黒奴」と旧日本人である家畜「ヤプー」の3色の厳然たる差別の帝国である(なお日本人以外の黄色人種は未来世界において滅亡している。日本人の人間性は否定され、類人猿の一種とされている)。

ヤプーに対しては、EHSの支配機構は抵抗するものを屈服させるのではなく、予め奉仕する喜びを教え込み服従を喜びのうちにさせる仕組みである。黒奴に対しては、巧妙な支配機構により大規模な抵抗運動は行えないようになっており、小規模の散発的抵抗がまれにあるだけである。黒奴の寿命は30年ほどで、白人の200年より短い。

また、EHSでは女が男を支配し、男女の役割は逆転していた。女権主義の帝国である。

人種差別どころの騒ぎではありません。この作品内では日本人は「人」としてすら扱われていません。そういう自虐的なストーリーなので仕方ありませんが、ある意味日本人にしか理解されない作品だと思います。それゆえに日本人以外の人がこの作品を読むとどんな感想を抱くのか、正直怖いです。

作品内では日本の歴史をさかのぼり、日本神話や天皇家まで登場するのですが、それは実はすべて未来人(イース人)によって与えられたものだったという描写がありました。
神話においての神であるアマテラスオオミカミは実はアンナ・テラスというイース人。
こういうこじつけも、非常に面白く、作者の博識ぶりがうかがえます。また読んでいて思ったのですが、この作者は英語やドイツ語にも非常に堪能。そして科学や生物学、医学にも精通している頭の良い人物だと思いました。作者の沼正三ってどんな人なんでしょう?

非常に多岐にわたった想像力が味わえる、奇妙奇天烈なSF小説です。

完全なフィクションとして理解しながら読み終えましたので、ショックを受けながらも愉しんで読むことができました。

現代社会は「勝ち組」「負け組」という両極端に選別するのが好きな社会風潮になっていますが、この作品を読むと何が勝ちで何が負けなのかすら分からなくなります。
支配者階級も、支配される側もそれなりに幸せ?に暮らしています。

普通の作品に飽きた方、そしてネットでこの作品に関するいろんな人のレビューを見てご興味を持った方はどうぞ。

お馬のギャレン

ダンス・ウィズ・ウルヴスという映画をご存知ですか?この作品のロケ地にもなったアメリカのサウスダコタという広大な自然を有するところに、ずっと仲良くしているトレーシーという親友がいます。彼女とはコンピュータ絡みの仕事で6年ほど前に知り合って、その後数年間いくつかのプロジェクトを一緒にこなしたりしているうちに仲良くなりました。旦那さんのジョンも私と誕生日が一日違いという奇遇もあり、毎年同じ日にバースディメッセージを交換したり、自国の面白いものを送り合ったりします。いまのところ、日本のもので一番うけが良かったのはカップお汁粉でした(笑)ちなみに私と妻のお気に入りはネイティヴインディアンが作ったドリームキャッチャー!

彼女たちは動物が好きで、犬や猫を飼っています。
そして猫の『ポチ』は私が名付け親です♪

そんな彼女たち夫婦が馬を飼い始めたのは、1年半ほど前の事でした。
それからたまに馬の写真やビデオを見せてもらっていたのですが、なんとこの春(5月末)に赤ちゃんが生まれたのです。写真を見せてもらってたので紹介します。
とっても可愛いですよ。




産んだのはお母さん馬のセネカ。産まれた子はギャレンという名前です。

馬は通常朝方に出産するらしいのですが、彼女が朝、セネカを見た時点では全然出産の気配もなかったので予想すらしていなかったらしいです。そしてお昼頃、異変に気づいて診察に連れていくためにトラックとトレーラーを運転して!と旦那さんに電話したと言ってました。

さて、これが生まれてすぐ、お母さん馬と一緒にいるギャレンです。




今頃は生後2か月になってるのでもっと大きくなってるんだろうなぁ。
いつか会いに行くまで、元気ですくすくと育ってほしいです。

To Tracy
I know that sometimes you are reading my journal via a machine translation site. Strange translation might make you confuse, so if you have questions, pls ask me anything you'd like to know. :-)

 | HOME | 

calendar

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



recent comments




recent entries




categories




links




search




お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

profile

Colo

Author:Colo

Masaru aka Colo- one of an ex-Microsoft MVP for Excel

WEB SITE



I'm Masaru from Kobe, Japan. I'm a computer system administrator for an equipment manufacturer. My line is operation AS400 server and Windows2008 server. I sometimes write VBA code for the company.

From 2004 to 2009, I had been nominated as a Microsoft Excel MVP, but now days, I have no opportunities using with excel in my daily life, so I decided to quit being an MVP. But I still love to use Excel.

1 Click Animalsへ!
Have a look at this article pls.

Our book
Our book

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article

contributed article
contributed article


archive


rss feeds